先日、CentOS 6.2(x86_64) の環境に 32bit の Firefox 9.0.1 をインストールしました。

Firefox を動作させることは前回の内容で可能です。しかし、検索ボックスなどに日本語を入力出来ません。

本日は、CentOS 6.2(x86_64) で、32bitの Firefox を使用してる場合に日本語入力を可能にする方法をまとめます。

とりあえず、64ビット環境で入力に関与しているパッケージを調べます。

対象は、/etc/gtk-2.0/x86_64-redhat-linux-gnu にある gtk.immodules を確認します。

そこには、以下のように設定されています。

“/usr/lib64/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-ibus.so”
“ibus” “IBus (Intelligent Input Bus)” “ibus” “” “ja:ko:zh:*”

“/usr/lib64/gtk-2.0/2.10.0/immodules/im-xim.so”
“xim” “X Input Method” “gtk20” “/usr/share/locale” “ko:ja:th:zh”

それぞれのライブラリがどのパッケージに含まれているのかを調べます。

[root@test x86_64-redhat-linux-gnu]# rpm -qf /usr/lib64/gtk-2.0/2.10.0\/immodules/im-ibus.so
ibus-gtk-1.3.4-6.el6.x86_64
[root@test x86_64-redhat-linux-gnu]# rpm -qf /usr/lib64/gtk-2.0/2.10.0\/immodules/im-xim.so
gtk2-immodule-xim-2.18.9-6.el6.centos.x86_64

これで、パッケージ名がわかりました。後はパッケージを yum でインストールすれば終わり、と思ってしまいました。

しかし、”yum search ibus-gtk gtk2-immodule” を実行すると、x86_64 向けのパッケージしか見付かりません。しかたがないので、CetOS のサイトから 32Bit の以下のパッケージをダウンロードします。

  • ibus-gtk-1.3.4-6.el6.i686.rpm
  • gtk2-immodule-xim-2.18.9-6.el6.i686.rpm

この2つをインストールを試みます。

[root@test tmp]# rpm -ivh ibus-gtk-1.3.4-6.el6.i686.rpm
エラー: 依存性の欠如:
libibus.so.2 は ibus-gtk-1.3.4-6.el6.i686 に必要とされています
[root@test tmp]# rpm -ivh gtk2-immodule-xim-2.18.9-6.el6.centos.i686.rpm
準備中…                ############################ [100%]
1:gtk2-immodule-xim      ######################## [100%]

gtk2-immodule-xim のインストールには成功しましたが、ibus-gtk の方は依存したライブラリがないためにインストールに失敗します。

そこで、yum を使用して必要なライブラリをインストールします。

[root@test tmp]# yum -y install ibus-libs.i686

yum のインストールが終了したら二度 ibu-gtk のインストールを試みます。

[root@test tmp]# rpm -ivh ibus-gtk-1.3.4-6.el6.i686.rpm
準備中…                ############################# [100%]
1:ibus-gtk           ############################# [100%]
[root@test tmp]#

今度は、無事に成功しました。

ここまで終わったら、一度 Firefox を起動(作業中も起動していた場合は再起動)します。

Firefox の検索ウインドウにポインタを合わせて [半角/全角]キーを押してみてください。日本語入力が出来ようになっているはずです。

 

広告