先日から使用している CentOS 6.2 (x86_64) に VirtualBox をインストールした。

KVM ではなく、VirtualBox なのは、前の環境で、VirtualBox を使用していたからです。イメージを使いまわせるかなぁ、という思惑があったためです。

とりあえず、サイトから最新の 4.1.8 をダウンロードしてきました。

CentOS 6.2 の方は、Desktop でインストールした環境を使用しています。そこで、

[root@test /tmp]# rpm -ivh VirtualBox-4.1-4.1.8_75467_rhel6-1.x86_64.rpm

でインストールを実行。インストールは成功したらしいですが、その後のサービスの起動に失敗したようです。

そこで、/var/log/vbox-install.log を参照したところ、環境変数 KREN_DIR が設定されていなかったためとのこと。けど、カーネルのソースはインストールしていないので、以下の様にしてソースをインストール。

[root@teset /tmp]# yum -y install kernel-devel.x86_64

インストール後、セットアップを完了するために、以下のように実行。

[root@test /tmp ]# export KERN_DIR=/usr/src/kernels/2.6.32-220.4.1.el6.x86_64
[root@test /tmp ]# /etc/init.d/vboxdrv setup

けど、今回も失敗。

なぜなのか、原因を調べるためにもう一度 vbox-install.log を参照すると、どうも gcc がインストールされていないためのようです。

そこで、gcc をインストールして、再度セットアップを実行します。

[root@test /tmp ]# gcc -y install gcc.x86_64
[root@test /tmp ]# /etc/init.d/vboxdrv setup

DKMS がないぞ、という警告は出ますがなんとかセットアップが完了しました。

次に、[アプリケーション]-[システムツール]-[Oracle VM VirtualBox]を実行すると、Oracle VirtualBox マネージャーが正常に起動しました。

広告