Linuxをインストールしたシステムのシリアルを調べる方法。

シリアルが書かれたシールを探す。というのもありですが、システムの数が多くなると大変ですし、ラックに積まれたサーバーのシリアルが見えにくい場合もあります。そこで、OSが動作している状況でシリアルを調べる方法をメモしておきます。

使用するコマンドは、”dmidecode“です。Red Hat系の場合パッケージはdmidecodeです。

[root@test ~]# rpm -qf /usr/sbin/dmidecode
dmidecode-2.11-2.el6.x86_64

調べ方は以下のとおりです。BIOS のバージョンも表示可能です。

[root@test ~]# dmidecode -s system-serial-number
JXXXXXXXXXXXXXX
[root@test ~]# dmidecode -s bios-version
7XXXX v01.XX

他に何が表示できるのか、”t”オプションを使用すると、表示可能です。

[root@test ~]# dmidecode -t
dmidecode: option requires an argument -- 't'
Type number or keyword expected
Valid type keywords are:
  bios
  system
  baseboard
  chassis
  processor
  memory
  cache
  connector
  slot

使い方としては、以下の通りです。

[root@test ~]# dmidecode -t slot
# dmidecode 2.11
SMBIOS 2.5 present.

Handle 0x002E, DMI type 9, 13 bytes
System Slot Information
        Designation: SLOT 1 PCIe x8 (4)
        Type: x4 PCI Express
        Current Usage: Available
        Length: Long
        ID: 2
        Characteristics:
                3.3 V is provided
                PME signal is supported
                SMBus signal is supported

Handle 0x002F, DMI type 9, 13 bytes
System Slot Information
        Designation: SLOT 2 PCIe x16
        Type: x16 PCI Express
        Current Usage: In Use
        Length: Long
        ID: 1
        Characteristics:
                3.3 V is provided
                PME signal is supported
                SMBus signal is supported
広告