職場にたくさんの CentOS をインストールしたマシンがたくさんあります。
先日其のウチの数台に 10Gイーサのカードを追加したSEがいました。
基幹はGbitなんですが、試験的に10Gのネットワークを作成して、どれだか速くなるのか、をテストする目的の様です。
まあ、それはいいんですけどね。

 

カードを追加後、システムを起動のスイッチを押してもいつまで待ってもシステムがOSがあがってきません。
彼はなんだかんだと言い訳をしていましたが、起動時のメッセージを見ていたら、起動しない理由が分かりました。

ネットワークカードを追加したことにより、eth0, eth1の番号がずれたんです。
そのSEは追加したカードが eth2 になることを期待したようですが、追加したカードが eth0 になり、今まで使用していたNIC が eth1, eth2 になってしまったのです。

 

そりゃ、ネットワークがつながらなくなるよね。当然ネットワークドライブなんて見えない。
起動しないわけです。

 

そこで、対象システムをシングルユーザーモードで立ち上げることにしました。
電源スイッチを長押しして再起動。
GRUB を使用しているので、画面をしっかり見るようにします。

チャンスは5秒位しかないんだよね。

GRUB の画面がでた瞬間スペースキーを押し、対象OSを選択、そして「E」キーを押す。
選択したOSの起動コマンドが表示されるので、2行目の 「kernel 」で始まる行を選択してもう一度「E」キーを押す。

コマンドの編集画面でコマンドの最後に「single」を追加して、リターン。
その後で、「b」キーを押してOSの起動。
これでシングルユーザーモードで起動します。

無事にシステムがシングルユーザーモードで起動したら、/etc/sysconfig/network-scripts の下にある以下のファイルを修正しました。

ifcfg-eth0
ifcfg-eth1
ifcfg-eth2

ファイルを修正後、システムを起動したら、今度は無事に起動しました。

広告